2015年度学生企画イベント

2015年度学生企画イベント

私達の代(2015年度、3年生)の本格的な活動は、2015年1月に行われた地域の方々とのワークショップで、同学区が抱える問題を明らかにしようとする試みから始まりました。『世代間交流と新規住民との関係の希薄化』『豊園学区に古くから続く伝統技術の認知度の低下』などの問題が浮き彫りとなり、これらを解決するために何をすべきかを話し合いました。

そこでの議論をもとに、住民同士の交流を深めることを狙いとした「料理教室」や、将来の地域の担い手となる子供達に楽しみながら伝統技術に興味を持ってもらうことを目的とした「工作教室」といった様々なイベントを、一年間かけて実行しています。


教員名 辻田素子
フリガナ ツジタモトコ
ゼミ・プロジェクト名 辻田ゼミ

学生のコメント

目の前の課題を解決する為の案を自分達で企画し、準備を整え、実行することは思っていた以上に大変でした。しかし、それ以上に、充実感や楽しさの方が勝る、大きなやりがいのあるものでした。
学生だけでない、外部の方の協力を得ながらの活動は慣れないことも多くあり、時には失敗することもありましたが、自分一人ではとても得ることの出来ない達成感や、貴重な経験を手にすることが出来ました。(張)

このページのトップへ戻る