豊園の伝統職人インタビュー 藤井松華堂

藤井松華堂 藤井源一郎さん

京都の歴史や伝統産業を絶やさないようにしてほしいです。私も大切にしていきたいと思っています。最近気になっているのは京町家。ちょっと広い空家があると、マンションが建ってしまう。小さいとガレージになってしまう。そんなまちなみは京都のイメージに合いません。観光客も何のために京都に来たのかわからないと思います。お寺があり、町家があり、文化財もあり、お寺を修復するような技術もある。それこそが京都です。
 そういったものが残ってほしいと祈っています。


教員名 辻田素子
フリガナ ツジタモトコ
ゼミ・プロジェクト名 辻田ゼミ

学生のコメント

藤井さんはとても気さくで、私達が訪ねる度に、喜んで刷毛のことを話してくださいました。歴史ある刷毛について語る姿は真剣そのものでしたが、趣味で撮影されている写真のお話になるととても楽しげで、いろいろな魅力を持った方だと感じました。(安井)

プレビュー

houen-3

このページのトップへ戻る