和装産業における「意味のイノベーション」によるビジネスモデル提案

和装産業に関する2方向の提案

縄文時代では、衣服は狩猟で手に入れた獣や魚の皮、羽毛、木の皮などを身にまとっていただけの簡単なもので、弥生時代になると、女子は貫頭衣というポンチョに似たものを着ていた。男子は袈裟衣といわれる、サリーのような形をした衣服だったようである。このころに養蚕が日本に入ってきた…

教員名 松岡憲司
フリガナ マツオカ ケンジ
ゼミ・プロジェクト名 老舗プロジェクト

学生のコメント

興味深い内容で、時間を取られる分大変だったが面白かった。後期の授業では、これまでの分析も必要なことではあったが、もう少し早く・もう少し多い回数で提案に関するやり取りがしたかった。

プレビュー

shinise_03

このページのトップへ戻る